​Darkglass  ELEMENT​

GRACIASおすすめアウトボードをセットアップ(仮)してみました。

使用機材は接続順に

1) InnerBamboo U-Ⅱ(コンプ)

2) InnerBamboo B-Ⅱ(プリアンプ)

3) Darkglass ELEMENT(DI・ヘッドフォンアンプ・オーディオインターフェイス・IRキャビシュミなど)

​チューナー・パワーサプライは有り物を使用しています。

1)のU-Ⅱは言わずもがな、コンプの最高峰。「かける意味があるコンプ」としていまさら説明も必要ないでしょう。

2)のB-Ⅱはここ最近になり再び人気が急上昇しています。それは「アンプのプリアンプ(アップグレード)」という概念で使うこと。B-Ⅱのアウトは出力がかなり上げれますので、アンプのEffect ReturnとかPower Amp Inなどに刺せば、アンプのプリ部はキャンセルして使うことができます。

​そして3)のELEMENTはファームウェアが更新されて非常に便利グッズになりました。ただし、DCパワー(いわゆる電源)が必要となります。なのでこれをボードに入れておけばマルチな使い方ができます。今回はその使い方について説明いたします。

​*ボードのレイアウトはあくまで(仮)ですので、入出力に都合がいい位置をお考えください!

ヘッドフォンアンプとして

ELEMENTの上部にはヘッドフォン出力が2系統あります。なんと二人で聞くことができるんですね!(どういうシチュエーションか知りませんが…。)まぁそれはさておき、その2系統は個別にヴォリューム調整可能です。(オシャレなタッチセンサーヴォリューム。)

ヘッドフォンアウトにはAUXで外部音源をミックスすることができます。有線(ミニステレオ)で繋ぐことも可能ですが、Bluetoothでスマホなどから飛ばすことが可能です。これが相当便利!ボードをパカっと開けて、電源・ベース・ヘッドフォンだけつなげば、即練習が開始できます。

ELEMENTのキャビシュミ・パワーアンプシュミ・EQはUSB接続でPCのアプリ「Darkgrlass Suite」でも操作可能ですが、スマホアプリでもBluetooth接続で操作可能です。そしてそれらのシュミレート音はヘッドフォンアウトにも反映されます。

オーディオインターフェイスとして

アップデートしてオーディオインターフェイス機能が備わりました。USB接続すれば、そのままの状態でインターフェスとして使用可能です。もちろん入出力OKですので、ELEMENTのヘッドフォンアウトを使用。

レイテンシー等々はまだ未知数ですが、簡易的にRecするぐらいなら十分使えるでしょう。(こちらの出力にもシュミレート音は反映されます。AUXは反映されません。)

試しにlogicにつないでみましたが、macなのでドライバーも必要なし、すんなり認識してくれました。

 

ビットレート/ サンプリングレートは24bit/44.1kHz or 48kHz です。

​ライブの時には

ライブの時には、パラアウトからアンプのアンプのEffect ReturnとかPower Amp Inなどに入れて下さい(B-Ⅱ・Sumo Priなど、出力が上がる物限定!)。​パラアウトにはシュミレート音・AUX inは反映されません。

いわゆるPA送りは左側面からXLR Outで出力可能です。(シュミレート音が反映されます。)その際、「レベルが大きすぎる!」とエンジニアさんからご指摘を受けた場合には、右側面にアッテネーターがありますので、-12db側にスイッチしてください。

*パワーサプライについて

ELEMENTはなかなか大食いですので(9V-12VDC 250mA以上!)、アイソレートされたパワーサプライの使用をお勧めいたします。

Darkglassの代理店、キョーリツコーポレーションさんのページもご覧ください。(ただ、ヘッドフォンアウトからミキサーに繋ぐのはお勧めしません!)

https://kcmusic.jp/darkglass/1874

© 2018 by DESCARGA co.  All Rights Reserved.   Proudly created with Wix.com